気になる朝のほうれい線には、このマッサージが効果アリ!

寝起きのむくみを気にする女性は多いと思いますが、それと同じように朝のほうれい線を気にしている女性も多いと思います。

 

朝起きて鏡を見た時に「え?私のほうれい線ってこんなに深かったかな?」と思う事、よくありますよね?

 

寝る前にどんなにケアしても、朝になると目立つほうれい線。

 

ある調査によると、一日の中でほうれい線が一番気になるのはいつかというアンケートを取ったところ、半数近くの女性が寝起きの朝のほうれい線が気になると答えたそうです。

 

どうして朝のほうれい線が一番気になるのでしょうか?

 

その原因は、むくみと乾燥です。

 

そして、朝のほうれい線にはマッサージが効果的です。

 

1日の中で1番気になる朝のほうれい線を消すためのマッサージ方法と、マッサージの注意点をまとめてみました。

 

<1日の中で一番ほうれい線が気になるのは朝!その理由は?>

 

朝のほうれい線が目立つ原因は2つあります。

 

1つは乾燥からくるものです。夜にどんなにお肌のお手入れをしていても、肌の水分量は寝ている間にどんどん減っていきます。

 

それから、寝る前にせっかく塗った美容液も枕やシーツに吸収されて寝起きは肌が乾燥しているという事もよくあります。

 

もう一つの原因は、加齢に伴う肌の弾力やハリの衰えです。

 

年齢を重ねていくと、どんなにケアしてもコラーゲンやヒアルロン酸は減っていきます。

 

エイジングコスメなどで、栄養をタップリ肌に入れるようにしましょう。

 

顔についたシーツの跡がなかなか消えないという人は、コラーゲンがかなり減っている証拠です。

 

朝のスキンケアにコラーゲンやヒアルロン酸入りの化粧品を取り入れて、次に紹介するマッサージをすれば朝のほうれい線は目立たなくなると思います。

 

<朝のほうれい線に効果的なマッサージ方法>

 

寝起きのほうれい線が気になるときは、まずはたっぷりと保湿しましょう。

 

朝に効果的なマッサージは、次の方法で行って下さい。

 

1、首や肩を回してリラックスする

 

寝起きは肩や首が凝っている事もあるので、しっかり回しましょう。目覚め効果もあります。

 

2、手をグーにして、人差し指で目の周りを押す

 

3、耳の後ろから鎖骨まで、優しく押してリンパを流す

 

寝起きはリンパの流れが滞っている状態です。しっかりと流してあげましょう。

 

4、ほうれい線のまわりを優しく押す

 

5、手のひらを使って、頬を内側から外側に流す

 

6、最後にもう一度リンパを流して完了です。

 

寝起きにこのマッサージを行えば、朝のほうれい線は薄くなります。

 

しかし、注意点もあるので気を付けて下さい。

 

<マッサージをする時の注意点>

 

・マッサージ前の保湿はしっかりと!

 

マッサージをする時は、たっぷり保湿してから行って下さい。

 

朝のお化粧前はあまり保湿をしないという人もいるかもしれませんが、たっぷり保湿しておいた方が化粧崩れも防げます。

 

たっぷり保湿をしてマッサージした後に、肌がベタベタして気になるという人はティッシュオフすれば大丈夫です。

 

・強すぎても弱すぎてもダメ!力加減が大切!

 

マッサージをする時は、イタ気持ちいいくらいの力加減で行ってください。

 

弱すぎても効果がないので、自分にベストな力加減を見つけましょう。

 

自分に合った力加減でマッサージした後は、ほうれい線の解消だけではなく頭がスッキリして目が覚めていると思います。

 

<話題沸騰!ベロ回し体操も効果アリ>

 

テレビで紹介されて話題になったベロ回し体操も朝のほうれい線に効果があります。

 

やり方はとても簡単で、口の中でベロをグルグル回すだけです。

 

ポイントは、口をしっかり閉じてベロを回す事です!

 

上だけではなく、下にもベロを動かすのを忘れないでくださいね。

 

左右対称に20回ほどすれば、ほうれい線の解消に効果的です。

 

朝だけではなく、テレビを見ている時、車の運転中など気が付いた時にやってみて下さい。

 

>>米肌の対象年齢は?肌極と米肌の違いはココ!