エステでほうれい線は薄くなる?どんな施術をしているの?

ほうれい線に悩んでいる方、多いですよね。

 

あなたは、ほうれい線を薄くできるのなら、エステに通いたいですか?

 

エステでほうれい線は薄くなるのでしょうか。

 

エステに通われている方が、ほうれい線に対して、どんな施術をうけているのか気になりますよね。

 

どんなエステに通うのが効果的なのか、また、実際に通われている方の声も聴いてみましょう。

 

<ほうれい線は、なぜできるの?>
鼻の下から、口元にかけてできる線。

 

このほうれい線ができると、一気に口元が老けて見え、ファンデーションなども入り込んでメイクのノリが悪くなってしまいます。

 

ポイント1:たるみ
ほうれい線の主たる原因は、たるみと言われています。

 

加齢や、紫外線の影響によって肌の弾力やハリを保っている、コラーゲンやエラスチンといった繊維が減少、変性してしまうことにより、ほうれい線ができてしまうのです。

 

ポイント2:表情筋
表情に変化がなくなったり、ひたすら同じ表情をしていたりすると、皮膚の表面が形状記憶状態になる可能性があります。

 

筋力が衰えないように、軟らかいものだけでなく、硬いものを食べるようにすることや、しっかりと噛んで食事をすることが大事になってきます。

 

また、頬が下に落ちやすくなることを防ぐため、過度なダイエットを繰り返したりするのも辞めた方が良さそうですね。

 

ほうれい線は、どうしても痩せている人の方が目立つ傾向にあるようです。

 

ポイント3:乾燥
全ての肌悩みの根本にあるとも言われる肌の乾燥は、ほうれい線にも影響しています。

 

肌の潤いがなくなることでシワができやすくなり、そのシワが深くなると、ほうれい線として目立ってしまうことが考えられるわけです。

 

季節問わず、十分な保湿を心がけることが大事になってきますね。

 

<どんなエステに行けば良い?>
ほうれい線ができるメカニズムを理解したうえで、どのようなエステが有効かを考えてみましょう。

 

先程記述したように、ほうれい線の主な原因は、たるみです。

 

このたるみの重要な役割をしているのが、コラーゲン、エラスチンという繊維。

 

このコラーゲンを肌に与えてくれ、肌を内側からピンっと張ってくれるエステを探すことが大事です。

 

エステ探しのポイントとしては、謳い文句として、ほうれい線に効く!などと記載があれば、まず間違いはないですが、それ以外にも顔を引きしめる小顔効果のあるフェイシャルマッサージや、頭皮マッサージといったものも効果的です。

 

エステサロンによっては、エイジングケアコースなどが用意されているので、迷ったらエイジングケアを選択するのも一つの手かと思います。

 

<エステサロンでは、どんな施術がメイン?>
主な施術は、エステティシャンによるハンドマッサージでリフトアップさせることや、リンパマッサージ、マシーンを取り入れていく方法などがあります。

 

流れとしては、まずはカウンセリング、クレンジング、洗顔、リンパマッサージ、パック、機械導入、マッサージ、などと場所によっては、順番や内容が前後しますが、おおまかな流れはこのような形となるところが多いようです。

 

エステはお値段もかかりますし、予算と施術内容をよく吟味し、自分に合ったものを選ぶようにしたいですね。

 

<エステに通っている方の実際の声を聴いてみよう!>
小顔マッサージや、リンパマッサージを行っているエステサロンの口コミを覗いてみました。

 

施術前と後で、写真を撮ってもらったところ、フェイスラインやほうれい線の変化が一目瞭然!といった声。

 

顔の筋肉が引き締まった感じがする。

 

施術を受けたあと、肌のぷるぷる感を実感し、ほうれい線が目立たなくなった!

 

また、リンパの流れが良くなることで肌のトーンアップを実感できたという声や、ざらつきやニキビ改善にも繋がったという声もあります。

 

違いが実感できると、次回への期待や、今後の自分の変化が楽しみになりますよね。

 

継続することで、ほうれい線が薄くなったと感じている方も多くいます。

 

フェイシャルエステに通われている方は、雰囲気や居心地の良さも大事にされている方が多く、リラックスできる空間であることも実際お肌に良いのかもしれませんね。

 

<エステでほうれい線は薄くなる?どんな施術をしているの?:まとめ>
エステに通われている方は、リンパマッサージ、ハンドマッサージを主に受け、ほうれい線に対しての効果を実感されている方が多くいます。

 

実際の声を拾ってみると、ネガティブな意見は少なく、ほうれい線が薄くなっていくのを実感しているので、継続して通いたいという意見が多く見受けられました。

 

ほうれい線を薄くすることが目的でも、必然的に肌の保湿であったり、顔の筋肉のトレーニングに繋がっていたりと、良いことだらけなのも嬉しいポイントです。

 

>>米肌の対象年齢は?肌極と米肌の違いはココ!