みなさんは、ほうれい線いつから気になりだしましたか?
鏡を見ていて、「あれ?これ、ほうれい線!?」や、「こんなにくっきりしていたっけ!?」と、ある日急に気になりだした方。
なんとなく、徐々にほうれい線がくっきり濃くなっているような気がするという方。
人それぞれ、いつから気になりだしたか問われると、様々な返答がありそうです。
ほうれい線は、一体いつからできるものなのか、気になりますよね。
ニキビを吹き出物と呼ぶ境の年齢があるように、ほうれい線もいつからできるものかで、呼び名に変化があるのでしょうか。
焦点は、ほうれい線がいつからできるか、それには年齢も関係しているのかというところですね。
<ほうれい線ができるのはなぜ?>
ほうれい線ができる原因・要因としては、主に加齢、乾燥、たるみ、骨格、紫外線などがあげられます。
肌の中の水分が減ることで、流れが滞り老廃物がたまってしまいます。
そして肌の乾燥を起こすとともに、ハリや弾力に必要な繊維が失われていってしまいます。
紫外線やエアコンなどの外的刺激も肌に悪影響を与え、睡眠不足や生活環境も大きく影響してしまうのです。
はじめは、小さなシワだったのが、こういった原因・要因を経てほうれい線をくっきりとさせてしまい、老け顔に見せてしまいます。
また、急に減量した方なども注意すべきなのは、たるみが起きやすいということです。
そしてロングヘアの方など、きつめに髪を結ぶ方も、引っ張った反動で、たるみが起こりやすいので注意したいですね。
<30代以降気になりだすほうれい線>
肌の曲がり方と言われる年齢にさしかかると、ほうれい線が気になりだす方が多く、エイジングケアを始める方が多いんですよね。
具体的にいつからか、ということになると、一般的に言われる肌の曲がり角が30代〜なので、30代後半から40代にかけて特に気になりだす方が多くいます。
またエイジングケア用品を見ると、シワ、シミ、ハリなどにアプローチする商品が多いので、理にかなっていますよね。
その場合の予防・対策としては、表情筋を鍛えること、肌の弾力、保湿成分の高いスキンケアを導入することが有効的となります。
エステや、美容アイテムを取り入れるのも対策としては非常に良いですね。
<10代でもほうれい線はできる?>
ティーンでも、ほうれい線ができることがあります。
それに大きく影響してくるのが、遺伝や、骨格の歪みです。
片側で物を噛む癖がある方や、頬杖をつく、左右どちらかで鞄を持つことが多い方などは、歪みが起きている可能性があるので要注意です。
遺伝と言うのは、顔の骨格で、特に丸顔で、頬に肉が付きやすい方は、たるみやすいので、その分ほうれい線ができやすくなってしまうのです。
その予防・対策としては、運動を適度に取り入れることや、顔の筋力を鍛えること。
また、姿勢を正し、骨格の歪みを直して、左右均等に体を使うことです。
そのため、いつからほうれい線ができるかは、10代でもできうるし、エイジングケアが必要な年齢になってからできるという方など、人により全く異なります。
<ほうれい線はいつからできるもの?予防・対策はあるの?:まとめ>
ほうれい線は、年齢問わずにほうれい線と呼び、ニキビのように呼び名の変化は特にないようです。
そして、いつからできるのかも人によって違うことがわかりましたね。
更に、加齢だけではなく、骨格や姿勢が原因となりうることがあることがわかり、
ほうれい線ができる年齢層が低下しているように思いました。
というのも現代はネット環境が整い、パソコンやスマホを使う時に猫背になっている方を多く見かけますし、実際私も姿勢の悪さを実感しているからです。
早めにほうれい線に気づいた方は、対策として生活環境を正すことや、スキンケアに力を入れてみるのが良さそうですね。