<舌回しでほうれい線が消えるのはどうして?>
ほうれい線ができてしまう一番の原因は、表情筋が衰えてしまうことによって顔がたるんでしまい、ほうれい線が浮き出てしまうからです。
表情筋というのは、目・鼻・口などを動かす筋肉なのですが、舌回しで口の周りの筋肉を鍛えることによって血行が促進され、ほうれい線を予防・改善することができるのです!
<ほうれい線に効く正しい舌回しのやり方>
正しい方法で舌回しをしないと、ほうれい線が悪化してしますこともあるので、正しい方法でほうれい線を撃退させましょう!
㈰口を閉じましょう。
㈪歯茎を舐めまわすように舌をゆっくりと回します。
㈫時計回りに20回、反時計回りに20回の計40回、舌を回しましょう。
㈬これを1日3セット行います。
ここで大切なのは「ゆっくり」と舌を回すことです。
ゆっくりと回すことで筋肉が鍛えられ、ほうれい線への効果がアップします♪
<舌回しで他にどんな効果が期待できる?>
1)二重あごがスッキリ
二重あごというのは、舌の付け根の辺りにある筋肉が衰えることによってできてしまいます。
舌回しをすることにより筋肉が鍛えられ、顔のむくみやリンパの流れが良くなるので二重あごが改善されるのです。
2)顔の歪みを改善
顔の筋肉のコリをほぐしてくれるので、顔の歪みを改善することができます。
また、コリをほぐすことによって表情筋が上手に使えるようになるので笑顔がきれいになります。
3)フェイスラインがスッキリ
舌回しをすることにより顔中の筋肉が鍛えられるので、フェイスラインが引き締められ小顔効果があります。
4)シワ・シミ改善
顔中のリンパの流れが良くなり、老廃物が排出されて新陳代謝がアップします。
5)口臭予防・虫歯予防
舌回しをすると唾液腺が刺激されるので、唾液が多く分泌されて口臭・虫歯を予防してくれるのです。
6)顎関節症の改善
顎関節症は、かみ合わせや顎のゆがみが原因で起こることがあります。
舌回しで、かみ合わせ・顎のゆがみを治すことができれば症状が改善されることも期待できます。
上記以外にも首や肩こり、頭痛、滑舌の改善などの様々な効果があるのです。
<舌回しはいつ行えば効果的?>
ほうれい線を改善しながら、舌回しを効果的な時間帯で行って様々な効果を得ましょう!
㈰起床時
唾液の量を増やすことによって免疫力を高めてくれます。
細菌などの増殖を抑えてくれるので口臭・虫歯・歯周病の予防にもなります。
㈪就寝前
舌回しを寝る前に行うことによって顎が疲れてしまい、眠ってる間の歯ぎしりや食いしばりを減らすことができます。
<舌回しは無理をしないで続けることが大切>
人によって舌回しを行うことによって様々な症状が出てしまうことがあるので注意が必要です。
㈰後頭部が痛い・頭痛がする
初めて舌回しをした人のほとんどの人は、後頭部が痛くなるのではないでしょうか。
普段使っていない筋肉が舌回しによって刺激を受け、頭痛が起こることがあります。
しかし、続けることによって筋肉が鍛えられるので後頭部痛・頭痛を感じるのは最初のうちだけです。
㈪口内炎になることがある
張り切りすぎて早く強く回してしまって、舌に歯が当たってしまい口内炎を作ってしまうことがあります。
ほうれい線を早く改善するためにも、優しくゆっくりと回すようにしましょう。
<舌回しで逆効果?正しい方法でほうれい線を撃退しよう!:まとめ>
慣れるまでは後頭部が痛くなったりすることもありますが、続けることによって気になるほうれい線、二重あご、フェイスラインなどが改善されます。
舌回しは、通勤中、家事をしながら、仕事をしながらなど、いつでもどこでも簡単にすることができます。
正しい舌回しで、無理なくほうれい線を撃退しちゃいましょう♪