米肌を愛用しているのは、どの年齢層が多い?その謎に迫る!

米肌を愛用している方が多いのは、ずばりどの年齢層なのか気になりませんか?

 

自分が使用する(している)スキンケアがどの年齢層に人気なのか、そしてどの年齢層に必要とされているのかは、とても重要な項目になってくるのではないかと思います。

 

米肌のスキンケアラインは、なんといっても米肌(まいはだ)というネーミングからもわかるように、お米のパワーに特化しているのが魅力なのです。

 

ライスパワーRNO.11というのを耳にしたことはありますか?

 

米肌には、このライスパワーRNO.11という、医薬部外品の効能として唯一「皮膚の水分保持能の改善」を許可されたという成分が含まれているのです。

 

簡単に言ってしまうと、肌の潤いにかかせないセラミドというのが、加齢と共に減少していき、様々な肌トラブルをもたらすことが考えられるなかで、そのセラミドを作り出し、肌の水分を保つ働きをしてくれる成分というのがライスパワーRNO.11というわけです。

 

これは、すごいことなのですよね。

 

肌の乾燥に悩んでいる方や、ハリ、毛穴といったあらゆる肌の悩みに対応することができる米肌を愛用している方の年齢層をチェックすると共に、なぜその年齢層に人気があるのかもみていきましょう。

 

<支持率が高い年齢層とは>
米肌の代表的なスキンケアラインの、肌潤化粧水に的を絞って人気の年齢層をみていきたいと思います。

 

今回は人気のクチコミランキングサイトの、アットコスメのクチコミを参考に調査してみたところ、20代では約250件、30代では600件超え、40代では250件強という結果となりました。

 

この結果を参考に分析してみると、圧倒的に人気の層は30代ということになりますね。

 

30代前半、後半に分けてクチコミ件数を見てみると、ほぼ半数の300件ずつという結果になったことから、30代全体を通して支持が高いことがわかります。

 

私も一度試してみたい!と興味が湧いた方におすすめなのが、トライアルセットです。

 

まずは、14日間のトライアルで効果を実感してみては。

 

>>米肌の公式サイトはこちら

 

<なぜこの年齢層に人気があるの?>
もちろん30代だけでなく、20代〜50代までの幅広い層からクチコミがよせられているのですが、ではなぜ30代だけ圧倒的にクチコミの件数が多いのでしょうか。

 

要因としては、30代になると、お肌の曲がり角を向かえることや、生活環境などが大きく変わることがあげられ、肌の質感も変わる人が多く、今まで使っていたスキンケアとは違うものを選ぶことが多くなってくるんですよね。

 

肌悩みとしてあげられる、乾燥、毛穴、ハリ、くすみなどの悩みを改善する力を生み出すことを目的としている米肌を選ぶ方が30代に多いのもうなずけますよね。

 

潤いを自分で生み出すことができるスキンケアというのは、そうそうないと思います。

 

それでいて無香料、無着色、石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリー、弱酸性という低刺激なのも、肌の変化が大きい年齢層には嬉しいポイントにもなりますよね。

 

使用感が気に入っている方や、肌の調子が良いのを実感して使っている方も多くいますが、毛穴悩みを改善したくて使い始めた方が、その毛穴悩み以外の部分でも効果を感じていたりと、期待以上の効果を実感している方も多くいるようです。

 

米肌をまずはお試しセットからはじめてみたいという方におすすめのセットは、公式サイトから購入が可能です。

 

>>米肌の公式サイトはこちら

 

<米肌を使い始めるタイミングは?>
ハリ、毛穴などという悩みを聞くと、エイジングケアが主なのかな?と思いがちですが、米肌は根本に、肌を潤すというのがあります。

 

これは、どの年齢層にも共通していえる悩みであり、どの年齢層にも効果的であると思います。

 

もちろん、人それぞれスキンケアを切り替えるタイミングというのがあると思いますが、最近肌の調子があまり良くないかも…という方や、潤い不足を感じている方は、切り替え時なのかもしれません。

 

水分を保持してくれるセラミドは加齢と共に減少していってしまうので、自分で作り出す力を持つ成分が含まれたこの米肌を、お守り代わりとして、早い段階から使用するのも良いかと思います。

 

<米肌を愛用しているのは、どの年齢層が多い!?その謎に迫る!:まとめ>
クチコミサイトをもとに、支持率の高い年齢層を見てきましたが、結果は30代というとこでした。

 

また、この年齢層での愛用者が多い謎というのも、潤い不足を感じやすくなる年齢であることや、様々な肌悩みを抱え込む年代であるからということがわかりました。

 

自分が今どんな肌悩みを抱えているかを、自己分析してみることからはじめてみると、この米肌に辿り着く方がもっと増えるかもしれませんね。